親子丼のレシピを作り方を紹介!オネエmansや「はなまるマーケット」などでも親子丼は人気のレシピですが、美味しい作り方の秘訣とは?おいしい親子丼といえば、人形町や神楽坂、京都・長浜・渋谷などに人気店があるようです。「玉ひで」や「ひさご」のようなおいしい親子丼を食べてみたいですね。加えて低カロリーに抑えることができたら、ダイエットにもいいかもしれません(^^;)

毎日のおかず献立

親子どんぶりの歴史

親子丼のレシピって簡単なようで、結構
難しかったりします。
めんつゆなんかも工夫が必要ですよね?
絶品のおいしい親子丼のレシピを完成させるには
一体どんな秘密が隠されているのでしょうか?
子供たちって料理の中でも、丼ものってけっこう好物
だったりしませんか?
うちの息子達は、カツ丼や牛丼、もちろん親子丼も大好物です。
でも私は昔から料理が苦手で、親子丼なんて最初は
難しすぎて作れなかったんですよ・・・(^^;)

でもコレじゃいけない!と思い立ち、必死になってレシピの
研究を始めました。味見を何度も繰り返して、息子達にも
味見してもらったり、そんな試行錯誤を繰り返しているうちに
おいしい親子丼のレシピができあがりました。
めんつゆにも相当苦労しました・・・
まあ、それはまたおいおいお話していきますね。

・親子丼の歴史
東京都中央区日本橋にある鳥料理専門店「玉ひで」の五代目当主の妻
「山田とく」が1891年に考案したのがはじめである。
元祖親子丼は、割り下で鶏肉のみを煮て卵とじにしたもので、
現在のように玉ねぎやみつば等の材料は使われていない。
また、派生としてサケの刺身または鮭フレークとイクラをのせたもの
を指すこともある。
この場合、区別するために海鮮親子丼とよばれる。
親子丼の具材をかけうどんに乗せた親子うどんというのもある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

へえ〜みなさん知っていましたか?
海鮮の親子どんぶりなんてあったんですね!
さらには親子うどんなんて初耳ですよ(*^^*)
料理ってホントに奥が深くて面白いですね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4417617

この記事へのトラックバック