親子丼のレシピを作り方を紹介!オネエmansや「はなまるマーケット」などでも親子丼は人気のレシピですが、美味しい作り方の秘訣とは?おいしい親子丼といえば、人形町や神楽坂、京都・長浜・渋谷などに人気店があるようです。「玉ひで」や「ひさご」のようなおいしい親子丼を食べてみたいですね。加えて低カロリーに抑えることができたら、ダイエットにもいいかもしれません(^^;)

毎日のおかず献立

開化丼ってなに?おいしい?

親子丼っておいしいですよね。
簡単な親子丼レシピでも絶品の料理が
味わえるので、夕食の献立に困った時などには
親子丼レシピはおすすめです。
"めんつゆ"にもこだわる事で、簡単においしい
絶品親子丼が味わえますよ。
めんつゆは市販のものでもいいですが、商品には
なるべくこだわって美味しいめんつゆを選んで
くださいね。

ところで、親子丼もいいですが、"他人丼"って
ご存知ですか?
・他人丼とは
他人丼(たにんどん)とは、牛肉もしくは豚肉を、
玉ねぎなどと割り下で煮て卵でとじ、丼飯の上に乗せた料理
で丼物の一種。
基本的には親子丼と同じ調理法を用いて作られるが、
親子丼が鳥の肉と鳥の卵を使うことに対し、鶏肉以外の肉
(牛肉・豚肉)を使用する事
(他人の肉を使用する)から名づけられた。
主に関東地方では「開化丼」(豚肉を主として使用)
関西では「他人丼」(牛肉を主として使用する)と呼ばれる事が多い。
(使用する肉に違いがあるのは地域性、たとえば関東は豚肉・
関西は牛肉を主として消費する影響があると考えられる。
但し西日本でも豚肉を用いた物を「他人丼」
と称して出される地区もある)

地方の食堂に於いては鶏肉を用意する手間の関係で
「親子丼」と称して実際には炒め物に使う豚肉などを
利用してこの「他人丼」が供されることがしばしばある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

他人丼ってなんだろう?と思ったら開化丼のことだったんですね。
私は東京育ちなので、開化丼なら聞いた事がありました。
そっか、開化丼を親子丼の鶏肉の代わりに、豚肉などを使用
する料理なんですね〜。
要は鳥じゃない他人ってことで、豚肉や牛肉使用なんですね。

簡単な絶品の"おいしい"親子どんぶりレシピ2

親子丼のレシピが好評です。
簡単なおいしい親子丼レシピであなたも
作ってみませんか?
今日は、前回の続きで作り方手順の紹介です。

■簡単な絶品親子丼の作り方手順(下ごしらえ)
・鍋に昆布を入れ中火で加熱します。
沸騰直前(80℃目安)に昆布を取り出します。
その後強火にして臭みを飛ばします。
・昆布だし(50cc)、醤油(15cc)、みりん(35cc)を配合します。
さました割り下に5分間鶏肉を漬け込み、味を染み込ませます。
※面倒な人は、市販のめんつゆで代用してもいいでしょう(^^;)
ただし美味しいめんつゆを使用して下さい。
■調理
・タマネギと割り下を鍋に入れます。
そして90秒間ほど中火で煮込みます。
その後鶏肉を入れて、鶏肉全体に火が通るように、
ひっくり返しながら90秒間ほど煮ます。
※きちんと鶏肉に火が通るように注意しましょう。
・鶏肉を入れてから1分後、最初の卵を入れます。
鍋を火から離さないように、円を描くように揺らすのが
ポイントです。
最初の卵を入れて1分後に、次の卵を入れます。
ここでも鍋を揺らしながら30秒間煮てください。
・菜箸で周りをはがし、鍋を傾けながら熱々のご飯の上に盛ります。
(卵が半熟トロトロになる目安は、大体20秒ほどです。)
ポイントは卵が半熟でトロトロなこと!これが美味しさの秘密です。
ちょっと高くてもいい卵を使うのがいいかもしれませんね。

どうですか、簡単そうでしょ?
これならササッと手軽に簡単に作れますよ。
あなたもおいしい絶品親子どんぶり料理を堪能してください。

簡単な絶品の"おいしい"親子どんぶりレシピ1

親子丼のレシピってわかりますか?
しばらく料理していないと、簡単なレシピでも
すぐに忘れてしまいます。
今日は、簡単でおいしい絶品親子丼のレシピを
紹介していきます。
うちの息子達もお腹を空かして待っています(^^;)
なお材料は人数によって、増やしてくださいね♪

■材料(1人分)
卵・・・2個
鶏モモ肉・・・50g
玉ねぎ水・・・1/6個
しょう油・・・15cc
みりん・・・35cc
こんぶ・・・5g(5cm×10cm)
ご飯・・・適量
■準備
・鶏肉を筋繊維の目に沿って2cm幅くらいに切ります。
そして包丁を斜めに入れて1cm間隔で切りましょう。
※斜めに切り込むのがポイント!
・玉ねぎは、味がうまく染み込むように、繊維の目に逆らって
薄めに切りましょう。
・卵は、白身を切るように軽く20回程度、1個ずつ溶いておきます。

今日はとりあえず準備編まで。
続きはまた明日以降紹介しますので、あせらないで
お待ちくださいね。
簡単なレシピの極意としては、手を抜ける部分はキッチリと
手を抜いて楽しましょうね。
そりゃ、時間を掛ければ美味しい料理はできますが、
効率が悪くなってはいけませんね。
そこは主婦の知恵の見せ所ってことで、いろいろと
工夫しながらおいしいレシピを一緒に考えていきましょう。

親子どんぶりの歴史

親子丼のレシピって簡単なようで、結構
難しかったりします。
めんつゆなんかも工夫が必要ですよね?
絶品のおいしい親子丼のレシピを完成させるには
一体どんな秘密が隠されているのでしょうか?
子供たちって料理の中でも、丼ものってけっこう好物
だったりしませんか?
うちの息子達は、カツ丼や牛丼、もちろん親子丼も大好物です。
でも私は昔から料理が苦手で、親子丼なんて最初は
難しすぎて作れなかったんですよ・・・(^^;)

でもコレじゃいけない!と思い立ち、必死になってレシピの
研究を始めました。味見を何度も繰り返して、息子達にも
味見してもらったり、そんな試行錯誤を繰り返しているうちに
おいしい親子丼のレシピができあがりました。
めんつゆにも相当苦労しました・・・
まあ、それはまたおいおいお話していきますね。

・親子丼の歴史
東京都中央区日本橋にある鳥料理専門店「玉ひで」の五代目当主の妻
「山田とく」が1891年に考案したのがはじめである。
元祖親子丼は、割り下で鶏肉のみを煮て卵とじにしたもので、
現在のように玉ねぎやみつば等の材料は使われていない。
また、派生としてサケの刺身または鮭フレークとイクラをのせたもの
を指すこともある。
この場合、区別するために海鮮親子丼とよばれる。
親子丼の具材をかけうどんに乗せた親子うどんというのもある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

へえ〜みなさん知っていましたか?
海鮮の親子どんぶりなんてあったんですね!
さらには親子うどんなんて初耳ですよ(*^^*)
料理ってホントに奥が深くて面白いですね。

親子どんぶりのレシピとは?

親子丼レシピって分かりますか?
簡単に出来る、絶品のおいしい親子丼レシピを
紹介していきます。
他には、美味しい"めんつゆ"レシピや
簡単なおいしい料理法のアレンジなども紹介
していきたいです。

親子丼っておいしいですよね?
うちには息子と娘が二人いますが、二人とも
大好きでいつも作って!とせがまれます。
たまに作らないとレシピを忘れてしまうので、
定期的に作るようにしています(^^;)
めんつゆも美味しさの秘密ですよね。
具が上手い具合に作れても、肝心のめんつゆが
ダメだとすべてが台無し。
そんなことが無いように"めんつゆ"の美味しい
レシピなんかも紹介していきたいです。

・親子丼とは?
鶏肉、玉ねぎなどを割り下で煮て卵でとじ、
丼飯の上に乗せた料理で丼物の一種。
「親子丼」という名前は鳥の肉と鶏の卵を使うことに由来する。
つまり、親が鶏で子は親が産んだもの、
つまり鶏卵である事に由来する。
親子どんがよく使われる名称であるが、地方によっては
親子どんぶりと言うこともある。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

親子どんぶりって、お店などで食べると本当にビックリする
くらい美味しいお店があったりしますよね?
こんなおいしいのって一体どうやって作るの?
そんな疑問から色々研究して美味しいレシピを紹介
していきたいと思います。